FC2ブログ

姿勢と学習効率1

先日テレビを見ていたところ、とある「今でしょ!」で有名な予備校の先生が出演されていました。
ご覧になたれた方もいらっしゃるとは思いますが、お母様方を対象に授業を展開する。という企画のテレビでして、その中で「姿勢」についての言及がありました。
先生曰く、「姿勢を正す事はとても大切です。人間が2足歩行を始めるにあたり、背筋を伸ばすことで脳の重さを支えることが出来るようになりました。」と。また、「チンパンジーも姿勢が良くないですよね?(この話には続きがありました。)」「姿勢が良い不良はいませんよね?」とも。 なるほど。と思いました。さすがは現国の先生です。お話が面白いな。と感じました。

一説によると、学習時の姿勢が悪いと脳に行く血流が滞り、脳の使用効率が下がるそうです。また、武道を極めている方のお話を聞くと、背筋が通っていると全身の気の巡りが良くなるとの事です。
いずれのお話も簡単に調べてみたのですが、科学的な根拠をすぐに見つけることは出来ませんでした。しかし、昔の人は「傷口をそのままにしておくと子鬼が入って悪さをする。」(病原菌やウイルスの事ですね。)と、顕微鏡が無い時代から「事実を経験的に知っていた」のです。上記の説も科学的な根拠が無いだけで事実なのかも知れません。経験的な話であれば、姿勢の良い子は集中力が高い事が多いです。また、集中力が無い子は姿勢も悪いケースが多いです。

SUNアカデミーでは生徒の皆様に集中して学習していただけるように、姿勢を正しくする事を指導しています。またそのために姿勢を保つ椅子も用意してあります。
次回はこの椅子についてもう少し詳しくお話しようと思います。

暑い日が続いております。

まだ7月の上旬ですが、暑い日が続いております。
皆様いかがお過ごしでしょうか?
SUNアカデミーの添田です。

本日は勉強から少し離れて"熱射病(予想)"についてお話したいと思います。

先日、自宅近くの屋外競泳用プールがOpenしましたので行きました。
午前中のため人もまばらで悠々と泳げていました。ふと気が付くと、目がチカチカしている事に気が付きました。
「(水面で日光が反射して、眩しいから目が疲れたのかな?)」位に思っていた私はそのまま泳いでいました。しかし一向におさまる気配はありません。泳ぐ予定の距離の半分ほどしか泳いでいなかったのですが、「また明日にでも来ればよいか。。。」と考え、プールから上がることにしました。

そのままシャワーを浴びて着替えようと思ったのですが、眩暈・吐き気などの症状が出て、体を拭いたら汗が全くでない状況になりました!これは以前真夏に高尾山から陣馬山まで歩いた時に状態が似ています。恐らく熱射病だ!と思いました!とりあえず、スポーツドリンクを1㍑ほど飲んだところ、汗が凄く出てきました!おそらく軽い脱水症状だったのではないでしょうか?

プールに入っていても熱射病や脱水症状になるんですね。。。

幸い家がすぐそばでしたので、すぐ家に戻り、部屋を涼しくて休んでいたら体調は戻って来ました。そのため病院には行かずに済みましたが(なので正確な診察は受けていません。)、プールに入っていても熱射病になったのは少し驚きました!

今年の夏も暑い日が続くことが予想されます。
外出されていたり、部活動などで運動されている方はもちろん、ご自宅にいらっしゃる方も、熱射病には十分にご注意ください。何せ、プールの中にいてもなるくらいですから・・・(笑)

勉強嫌いの処方箋 その6

保護者の方々から聞かれる言葉で、次のようなものがあります。

せっかく塾に行かせているんだから、成績があがりますよね?!


私は(おそらくは他塾の先生方も)その生徒さんの成績を上げる為に最大限のサポートを実施しています!
では塾に行くだけで本当に十分な学習時間が確保出来るのでしょうか?

良くある塾の形態の、週3回・2コマ(60分×2コマ)という塾の形態で検討してみます。

○塾だけの学習時間:週3回 2コマ(120分)= 6時間/週

一方、1日2時間、週末は4時間、家庭学習した場合はの勉強時間を検討してみます。

○塾+家庭学習の学習時間: 週5日 2時間 + 土日4時間 = 18時間/週

実に3倍の勉強時間の差になります。この3倍の勉強時間は実に大きく、この勉強時間を確保するかしないかは大きな差になります。

つまり、塾に行かせているだけよりも、ご家庭での家庭学習も併用して学習する事により、より多くの学習時間と学習量を確保することが可能であり、そのことによって、成績も向上することになります。

SUNアカデミーではご家庭でも学習できるようなプログラムを用意しておりまます。さらに、「家庭では全然出来ないんだよな・・・」という生徒にも学習習慣を付けさせるための「通い放題プラン」もご用意しております。
是非ご活用ください!

勉強嫌いの処方箋 その5

「勉強をしなさい!」とだけ言われて、勉強の出来る子。

そういう子は、「すでに勉強をしている子」です。
勉強の出来ない子は「勉強をしなさい!」と言われても、勉強出来ないのです。
何故でしょうか?

前回は、「勉強のやり方が分からない」子のお話をしました。
勉強をしない子の理由のもう一つに「適切な勉強法が分からない」という事があります。

こちらは中学力の子に多いのです。大体は以下のような状況にあると思います。

・授業を聞かなくても、何となくだけど理解が出来る。
・問題を解いてみると、(1)位は分かるけど、難しい問題は分からない。
・分かる問題も分からない問題も、なぜそうなるのかを「説明する」事は出来ない。

このような子に「勉強をしなさい!」と言っても、教科書を読んで終わりです。せいぜい問題集を1回やって終わりになります。
何故なら、「適切な勉強法が分からない」のですから。

このような子には「自分のレベルに合った問題演習」を正しくする事が必要です。それは「すぐに採点」をして「自分がどこで間違えたのか、何が分からなかったのか」を自分自身で把握する必要があります。そして「不正解の問題を再度演習」して、出来るようになった!と繰り返し感じる事が大切です。このことで問題が出来るようになると「うれしい!」を体験することができます。
こうなると、もちろん勉強は「嫌な事」ですが、「しょうがないからやるか・・・」という気持ちが芽生えてきます。
ただ、ここまで行くためにはそれなりの勉強時間が必要になります。学校や塾でやるだけではどうしても時間が足りません。そのために、家庭学習の時間がとても大切になります。

SUNアカデミーでは、このような子のために、オーダーメイド型個別指導という形で一人一人に合った指導をしています。家庭学習の方法も指導いたします。

次回はこの家庭学習について、もう少しお話いたします。

勉強嫌いの処方箋 その4

「勉強をしなさい!」とだけ言われて、勉強の出来る子。

そういう子は、「すでに勉強をしている子」です。
勉強の出来ない子は「勉強をしなさい!」と言われても、勉強出来ないのです。
何故でしょうか?

前回は、「勉強が自体が分からない」子のお話をしました。
勉強をしない子の理由のもう一つに「勉強のやり方が分からない」という事があります。

こちらは低学力~中学力の子に多いのですが、以下のような状況にあることがあります。

・教科書の説明文を読めば何となく理解出来るがテストをすると全く解けない。
・説明をされるとその場ではわかるが、後日問題をやってみると問題が解けない。

このような子に「勉強をしなさい!」と言っても、教科書が開かれて終わりです。
何故なら、「勉強のやり方が分からない」のですから。

このような子には「分かりやすい解説」のすぐ後に「自分のレベルに合った問題演習」をする事が必要です。そして「すぐに採点」をして「不正解の問題を繰り返し演習」する事が大切です。このことで「できる!」を体験させてあげる必要があります。

SUNアカデミーでは、このような子のために、オーダーメイド型個別指導という形で一人一人に合った指導をしています。

まだ他にも理由はありますが、それはまた別の機会にお話し出来ればと思います。
プロフィール

SUNアカデミー塾長

Author:SUNアカデミー塾長
添田です。
東京都江東区の門前仲町でSUNアカデミーという個人指導塾を開校しました。よろしくお願いします。
ホームページは↓こちら↓
http://www.sun-acad.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ