FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中高一貫校の生徒への処方箋2

まず、中高一貫校の学習傾向について、下記のような傾向があります。

・授業の難易度が高い。
・授業の進度が速い。
・反転授業(予習型授業)がある。


それぞれの項目についてさらに考えてみたいと思います。

・授業の難易度が高い。
 中高一貫校の特徴の一つに、「有名大学への高い進学率」を挙げている学校は非常に多いと思います。これは授業内容が非常に高く、より大学進学に目が向けられている授業が展開することを目的としています。

・授業の進度が速い。
 もう一つの特徴として、授業速度が速い事があります。これは中1~高2くらいまでに中高3年間のカリキュラムを終了させ、高校3年生は受験勉強に充てる事を目的としています。需要内容が十分に理解出来る生徒には非常に有利に働きます。

・反転授業(予習型授業)がある。
 最近、一部公立高校でも導入する傾向にある、「反転授業」に近い状況が行われている場合もあります。「予習前提」の授業が展開され、予習段階で理解出来ていると想定される学習内容についての説明は簡単に済ませ、より高度な内容についてより時間をかけて学習していくような授業形態になります。

授業内容が十分に理解できる生徒には素晴らしい授業形態となっています。
と、メリットが多い中高一貫校の授業ですが、「ついて行く」事が条件になります。

それではこのような優秀な生徒さんがどうしてついていけなくなってしまうのでしょうか?
陥りやすい状況について、考察したいと思います。

SUNアカデミーでは中高一貫校に通う生徒さんにも対応出来る学習プログラムを用意しておりまます。
是非ご活用ください!
スポンサーサイト

中高一貫校の生徒への処方箋1

知り合いで中高一貫校に通うお子様を持つ保護者の方から以下のような相談を伺いました。
「小学校の時には良く出来たのですが・・・中学に入ってから授業についていけなくなってしまったみたいで・・・。」

中学受験をされて中高一貫校へ通わている生徒さんの中で成績が振るわなくなってしまうケースがあるように見受けられます。
元々成績が良く、大変な倍率を勝ち残った生徒さんがどうして成績が振るわなくなってしまうのでしょうか?

まずは中高一貫校へ通われている生徒さんの特長として、下記のようなものがあります。

・基礎学力が身についている。
・学習習慣が身についている。
・勉強に関する心構えが出来ている。


それではこのような優秀な生徒さんがどうしてついていけなくなってしまうのでしょうか?

それには中高一貫校の授業スタイルを紐解く必要があります。

SUNアカデミーでは中高一貫校に通う生徒さんにも対応出来る学習プログラムを用意しておりまます。
是非ご活用ください!

姿勢と学習効率2

ご無沙汰してしまい、申し訳ございません。
前回、「今でしょ!」の予備校の先生が「勉強時には姿勢が大事!」という話をしていた。という事を書きました。(と言ってもかなり前ですが・・・)

SUNアカデミーでも、勉強時に姿勢を正すことは大切な事だと考えています。
そのため、自然と姿勢が良くなるような方法は無いかと考えました。
その取組みの一つをご紹介します。

SUNアカデミーでは通常生徒の皆様は写真のような椅子を使用して学習しています。

ayurchair.jpg

座る際には馬にまたがるような姿勢で座ります。
一時、ダイエットに乗馬が良い!という事で、乗馬の動きを模した機械が流行ったことがあります。
また、大きなボールの上に座る。というのも有ったかと思います。
この椅子ですと、それらの姿勢がキープできる。となっています。

座り方にちょっとだけコツが入りますが、ちゃんと座れると長い間正しい姿勢をキープできる椅子です。むしろ変な姿勢を取るのが辛くなる、という表現が正しいと感じます。
(ちなみに、塾長の椅子もこちらの椅子を使用しています。長い時間座っている事も有りますが、正しい姿勢をキープすることが出来ています。)

興味がある方は是非一度SUNアカデミーに体験にいらしてください。
※体験は予約制となっております。事前にご連絡いただければと思います。

勉強嫌いの処方箋 その6

保護者の方々から聞かれる言葉で、次のようなものがあります。

せっかく塾に行かせているんだから、成績があがりますよね?!


私は(おそらくは他塾の先生方も)その生徒さんの成績を上げる為に最大限のサポートを実施しています!
では塾に行くだけで本当に十分な学習時間が確保出来るのでしょうか?

良くある塾の形態の、週3回・2コマ(60分×2コマ)という塾の形態で検討してみます。

○塾だけの学習時間:週3回 2コマ(120分)= 6時間/週

一方、1日2時間、週末は4時間、家庭学習した場合はの勉強時間を検討してみます。

○塾+家庭学習の学習時間: 週5日 2時間 + 土日4時間 = 18時間/週

実に3倍の勉強時間の差になります。この3倍の勉強時間は実に大きく、この勉強時間を確保するかしないかは大きな差になります。

つまり、塾に行かせているだけよりも、ご家庭での家庭学習も併用して学習する事により、より多くの学習時間と学習量を確保することが可能であり、そのことによって、成績も向上することになります。

SUNアカデミーではご家庭でも学習できるようなプログラムを用意しておりまます。さらに、「家庭では全然出来ないんだよな・・・」という生徒にも学習習慣を付けさせるための「通い放題プラン」もご用意しております。
是非ご活用ください!

勉強嫌いの処方箋 その5

「勉強をしなさい!」とだけ言われて、勉強の出来る子。

そういう子は、「すでに勉強をしている子」です。
勉強の出来ない子は「勉強をしなさい!」と言われても、勉強出来ないのです。
何故でしょうか?

前回は、「勉強のやり方が分からない」子のお話をしました。
勉強をしない子の理由のもう一つに「適切な勉強法が分からない」という事があります。

こちらは中学力の子に多いのです。大体は以下のような状況にあると思います。

・授業を聞かなくても、何となくだけど理解が出来る。
・問題を解いてみると、(1)位は分かるけど、難しい問題は分からない。
・分かる問題も分からない問題も、なぜそうなるのかを「説明する」事は出来ない。

このような子に「勉強をしなさい!」と言っても、教科書を読んで終わりです。せいぜい問題集を1回やって終わりになります。
何故なら、「適切な勉強法が分からない」のですから。

このような子には「自分のレベルに合った問題演習」を正しくする事が必要です。それは「すぐに採点」をして「自分がどこで間違えたのか、何が分からなかったのか」を自分自身で把握する必要があります。そして「不正解の問題を再度演習」して、出来るようになった!と繰り返し感じる事が大切です。このことで問題が出来るようになると「うれしい!」を体験することができます。
こうなると、もちろん勉強は「嫌な事」ですが、「しょうがないからやるか・・・」という気持ちが芽生えてきます。
ただ、ここまで行くためにはそれなりの勉強時間が必要になります。学校や塾でやるだけではどうしても時間が足りません。そのために、家庭学習の時間がとても大切になります。

SUNアカデミーでは、このような子のために、オーダーメイド型個別指導という形で一人一人に合った指導をしています。家庭学習の方法も指導いたします。

次回はこの家庭学習について、もう少しお話いたします。
プロフィール

SUNアカデミー塾長

Author:SUNアカデミー塾長
添田です。
東京都江東区の門前仲町でSUNアカデミーという個人指導塾を開校しました。よろしくお願いします。
ホームページは↓こちら↓
http://www.sun-acad.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。